メインイメージ画像

歌手になる為にはオーディションに合格する事が大事です

デビューの登竜門とされるオーディションにはいろいろありますが、代表的なもののうちの1つに歌手が挙げられます。

歌手として認められるためにはオーディションを通過しなければいけないというのが非常に多いです。オーディションで合格したらデビューが保証されているものがほとんどですが、だからといって必ず売れるとは限りません。けれども、オーディションはやはり登竜門です。ここを勝ち残らないとどうしようもありません。ですが、合格しなかったからといって気落ちする必要はありません。審査員の一人の目にとまってデビューという可能性もあるからです。楽観視というのはこの世界では無謀かもしれませんが、オーディションで落ちたからといってどん底へ落ちるわけではありません。

そのあたりは分かっておいてほしいです。

歌手のオーディションでは、上手な人ばかりです。中には思い出作りの人もいるかもしれませんが、ほぼ上手な人しかいません。きっと、自信を喪失するかもしれません。ですが、同じ舞台に立てているわけですので、いくら自信が無くても頑張らないとダメなのです。きっと、すごく練習してきたことでしょう。大好きだった歌を嫌いになりかけたこともあるかもしれません。

そんなときもやはり歌が好きだと実感して頑張ってきたことでしょう。それぞれにさまざまな思いを持っています。その思いを覚えておき、歌にぶつけましょう。みんなが、1人の歌を聴いています。そんな機会は中々ありません。そんな雰囲気を思いっきり満喫出来れば、きっと想いが溢れてきて歌にしっかり乗るでしょう。この日のために頑張ってきたわけですから、せめて歌うときくらいは自信を持ってやりましょう。

更新情報